手荒れがひどいと悩む人の原因と対策・治す方法とハンドケア

手荒れの原因と対策

手先は日常生活でも一番使うので手荒れはすごく辛いですよね
私も飲食店で働いていた時に手荒れが酷くて結局やめてしまいました。
きっと同じような人も多いと思います。

手が荒れるには必ず原因がある
アトピーでもないのに手湿疹が治らないのだとしたら

その原因が何なのかを考えられるだけ考えてみて、原因かもしれないと思うことを一つずつやめたり改善していくことが治すための方法だと思います。

スポンサーリンク

水仕事

手荒れの原因としてまず誰もが思いうかぶのが水仕事ですね。
洗い物や洗濯、掃除など水を使う仕事をして手が荒れてしまう場合
結婚して家事をすることが増えたりして荒れてしまう人も多いそうです。

水仕事をしないというのが一番いいのですがそういうわけにもいかないので対策としては

洗い物での対策
  • ゴム手袋やビニール手袋をする
  • お湯はなるべく使わない
  • 食器洗剤を見直す
  • 手を洗った後はちゃんと拭く
  • タオルを変える
  • 食洗機を使う

 


ゴム手袋をする


洗い物はゴム手袋やビニール手袋などをして直接水や洗剤が触れないようにする
ただし注意して欲しいのが

ゴムアレルギーがある場合は使わない事
ゴム手袋を清潔にする事

ゴム手袋をしてもその手袋が汚れたりカビが生えてしまっては意味がないので清潔にすることを心がけて下さい。

 

お湯を使わない


冬などの寒い季節は水が冷たくてお湯で洗い物をする人が多いと思いますがお湯は手の油分をとってしまうのでそのまま放置するとすごく乾燥して手荒れの原因になります。

冷たすぎるのが嫌な場合はお湯ではなくぬるま湯程度の温度で洗うようにしましょう。

 

洗剤を見直す


洗い物で使っている洗剤に界面活性剤などの合成成分が入っているとその成分で手が荒れることがあるので無添加やオーガニックなどの手に優しい洗剤に変えましょう。

合成成分の入った洗剤が川や海に泡が消えずに残ったり、魚が死んだりするなど、環境にもよくないので自分だけでなく地球のためにもなります!

 

 

手を拭くタオルにも拘ってみる


手を洗った後には手を拭くと思いますがガサツに適当に拭いてないですか?
ちゃんと乾いた清潔なタオルで拭いて下さい。
水分が残っていると乾く時に油分が持っていかれるので乾燥につながります

 

ポリエステルなどの合成繊維ではなく綿などの肌に優しいタオルに変えてみるのもいいかもしれません。
吸収率の悪いタオルは水分が十分に拭き取れないので水分が手に残りやすいし、乾きも悪かったりします。

吸収率がよく速乾性のあるタオルで綿 やオーガニックコットンなどの生地でできたタオルを使うのもおすすめです

 

食洗機を使う


食洗機を買って洗い物は任せるのも一つの手です。
洗い物は面倒だし、家事の負担も軽くなる。洗い物をしなければ手荒れも治るかもしれないと一石二鳥なので食洗機を買ってみるっていうのもいいですよ。

普通に洗い物をするよりも水の使用量が抑えられて水道代も安くなる場合もあります。

洗濯・掃除

洗い物だけじゃなく洗濯や掃除も同様ですが
手袋をするのはもちろん、洗濯や掃除の時の洗剤やフローリングシートなどにも界面活性剤は入っているものがあるので入っていない無添加のものなど自然系の洗剤を選ぶ事。

トイレやお風呂のカビ取り剤などは特にきつい薬品を使っていることがあるので手荒れだけじゃなくアレルギーを起こす可能性もあるので注意が必要です。

 

洗濯は自動乾燥までやる


洗濯の場合は洗濯乾燥機で乾燥までやってしまうのも一つの手です
洗濯物を干す手間も省けるし、手荒れもなりにくくなります。(電気代は増えますけどね)

くまこ
くまこ

乾燥までやった方が洗濯槽にカビも生えにくくなるしね

ハンドソープを見直す

料理をする前、掃除をした後、トイレの跡などハンドソープや石鹸で毎回手を洗うと思いますが、そのハンドソープは大丈夫ですか?

いい香りのするもの・抗菌できるものといろいろあるけど
そのハンドソープに界面活性剤や合成成分が入っていては手荒れは改善するどころか悪化する可能性があるので現在使っている石鹸やハンドソープも見直してみましょう。

それから番外編というか手荒れに直接関係なさそうに思われますが
シャンプーやヘアスタイリング剤が原因の場合もあるのでいろいろ試してもダメだった場合はそこも見直してみて下さい。

 

ハンドケア

手荒れを改善するのに重要なのは水仕事などをした後のケア
特に肌が弱い人や毎日水仕事をする人はしっかりとスキンケアをしましょう。

くまこ
くまこ

めんどくさいとか言ってる場合じゃないよ

基本的にはハンドクリームだけでもいいんだけど
顔と同じで、化粧水を塗って、その後ハンドクリームで保湿するのがいいです。

一番ダメなのは化粧水のみでケアすることですね。
化粧水だけで保湿力が高めのもあるのでそれならまだいいかもしれないけど
基本的には保湿しないと乾燥するのでそこはめんどくさがらずにやりましょう。

 

何度も手を洗う場合や、ぬるぬるしたりするのが気になる場合や面倒な場合は

乳液やジェルタイプのスキンケア用品を使って洗面所などよく手を洗う場所に置いてサッと塗るっていうのもいいですよ!スプレータイプやワンプッシュタイプならそんなに手間なくケアできるのでおすすめです。

ハンドクリームを使うなら塗ったあとベタベタしないさらさらタイプを使うといいです。
どうしても面倒なら夜寝る前に保湿力高めのをしっかり塗るという方法もありますが洗い物や掃除の後は塗った方が手荒れは治りやすいと思います。

 

使うハンドクリームの成分にもこだわる


何度も同じようなことを言ってますが、ハンドクリームにも合成成分がたくさん入っている物もあるので無添加やオーガニック系のものを使いましょう。

オーガニックコスメと一言で言っても、成分を確認すると合成添加物が使われているものもあるので、全成分を自分でしっかりと確認してから購入するようにして下さいね。

 

自然派ナチュラルコスメによく入っている合成成分一覧

無添加や肌に優しいとパッケージに書かれた商品にも合成成分などが入っている場合があります。
その成分一覧がのっているサイトがあるので一度今使っている商品なら箱や裏の表示を見て、これから使ってみようかなと思っているものがあるならその商品ページの詳細に書かれている全成分を見て参考にしてみてください。

楽天などのネットショップの場合も下の方にスクロールすると全成分がのっています。

 

無添加化粧品あるいは自然化粧品と称する化粧品によく使われてる合成成分を一覧にしました。この表を今お使いの化粧品や新たに購入する化粧品の成分をチェックするときの参考にしてください。
とくにフェノキシエタノールは、無添加化粧品あるいは自然派化粧品と称する製品にもよく使われている、石油合成防腐剤ですので要注意です。またBGは、植物抽出の際によく使われる合成溶剤です。

こごめ
こごめ

今使ってるコスメとかもチェックしてみて!

植物原料の合成成分もあるので注意が必要です。
セタノールやプロバンジオールなど

ここまでやってもまだ治らない・・・・って人は

水を変える

くまこ
くまこ

水を変える?水って浄水されてるし安全なんじゃないの?

って思うかもしれませんが

水道水には消毒で使う残留塩素などが残っているのでその塩素などが手荒れの原因になる場合があります。
残留塩素を調べるキットなどもあるので気になった人は調べてみて下さい。

水質を変えるには浄水器をつけるのがおすすめです。
台所につけるタイプのものだと据え置き型や蛇口に直接つけるタイプのもの、シンクの下につけるビルドインタイプのものなどいろいろあるので値段や好みのタイプのものを探してみるといいと思います。

普通に飲み水として飲むのにも、浄水器を通した水は美味しいのでカートリッジ交換などの手間はあるけど手荒れが改善しない人は試してみて欲しいです。

仕事が原因の場合

普段の仕事が水仕事の場合はできるなら転職するかやめるのが一番ですが
そう簡単にはやめられないと思うので

例えば洗剤を変えてもらうようにお願いしたり、店長に相談してみるのもいいかもしれません。もしお店のものを変えるのが不可能なら、自分でマイ洗剤を買ってもいいか聞いてみたり手袋の使用を許可してもらったりぐらいならできるかもしれないですよね。

私も飲食店で働いていた時にすごく手が荒れたので相談しても良かったかなぁと思いました。

最後に
手が荒れる→合成成分の入った洗剤やハンドソープを使う→
合成成分の入ったスキンケアをする→さらに手荒れが悪化する

っというこの最悪の悪循環を止めるということが手荒れを改善するためには重要なので一度、生活の中のものを見直してみて下さい。

手荒れが治らなくて困っているという人は参考にしてみて欲しいです。

あと、手湿疹と関係あるの?って思ったんですが
金属アレルギーの人は銀歯が原因の場合もあるそうなので色々試してみたけど改善しない場合は一度調べてみた方がいいかもしれないです。

アレルギー
こごめ

オーガニックライフを楽しんで生きている。大好きなものに囲まれて過ごしたい。心がよろこぶ事がしたい。無添加やオーガニックなものを中心に好きなものや便利なものを紹介してます。性格はマイペース、好きな食べものは米粉パン。

こごめをフォローする
参考になったらシェアしてね
こごめをフォローする
Cogome fond
タイトルとURLをコピーしました