オーガニックとは?意味を簡単にわかりやすくまとめてみた

オーガニック 簡単 意味

オーガニックとは簡単なまとめ

オーガニックとは簡単にいうと、化学肥料や農薬を使用しないで作る農法の事で農薬を使わない野菜や添加物を入れていない食料品などの事です。
オーガニックと有機は同じ意味
日本語でいうとオーガニックは『有機の』という意味で、ざっくり言うと自然のもの。
有機の大まかな意味は「焦げたり腐ったりする物」という捉え方でよいそうです。
「有機」は生物の体を作る物質を意味するので、農薬などの化学物質を排除して環境にも配慮するということから「オーガニック」という言葉が広く食品やその他の物の名前として使われるようになったんですね。
スポンサーリンク

オーガニックの基準

世界にはオーガニック認定機関があり、その機関が認めたものにオーガニックという表示をすることができるんです。日本は有機JASのマークがその証!
緑のこのマークです。一度くらいは目にしたことがあるんじゃないでしょうか?
有機JAS認定マーク
基準は認定機関により異なるようですが
3年以上農薬、化学肥料を使用していない農場で作られたもの
原料もオーガニックで、無添加の加工品
牛や馬など畜産物の餌もオーガニックの物で飼育され、抗生物質、ホルモン剤を使用していない物
🔶栽培から流通などすべての段階で、認証機関などで厳しくチェックしたものなど一定基準があります。
野菜は土から、動物は育てる餌にも添加物を使用していない、人体に有毒なものが入ってないから、安心して食べられるって事です!
🔶農薬などの化学物質はその作物を作る人の健康も害する為、オーガニック栽培は作り手にとっても優しい栽培方法。オーガニック商品を選ぶという事は自分だけでなく、生産者の為でもあるとも言えますね。
そして環境も汚染しないので人体にだけでなく地球にもやさしい。

オーガニックとうたっているのに添加物が入っているのはなぜ?

オーガニックコスメやオーガニック食品は色んなところで見かけるようになりました。でも裏の原材料や成分を見ると添加物が普通に入っているものがあります。
オーガニックって書いてあるのに違うの??って思いますよね?
これは有機JAS認定マークを付けなければ添加物が入っていたとしてもオーガニックとうたってもいいからなんです。原料や成分にオーガニックのものが使われてますよっていうだけで材料全部がオーガニックではないんです。
くまこ
くまこ

ややこしいな

商品を買うときは裏の表示を確認しよう

商品を購入する時は必ず裏の表示を確認するか、有機JASマークの付いているものを買うのをオススメします。オーガニックコスメならオーガニック成分が配合されていて、その他は無農薬や天然の成分で出来ていてなおかつ添加物フリーのものを選びましょう。

オーガニック認証マークは世界各国にあって、日本でよく見るマークは

世界のオーガニック認証マーク有機JAS、EUオーガニック、フランスのABマーク、アメリカのUSDAオーガニックなどです。

他にもいろいろありますので気になる人は調べてみて下さい。

世界各国にあるオーガニック認証マーク
https://www.organic-bio.com/en/labels/

有機JASやオーガニック認定マークが付いてない商品が全て悪いというわけではないです!なのでオーガニックと書いてある商品が本当にいいものか自分でもある程度はわかるように代表的な添加物だけでも覚えたりすると良いですよっていう事です。
オーガニック
こごめ

オーガニックライフを楽しんで生きている。大好きなものに囲まれて過ごしたい。心がよろこぶ事がしたい。無添加やオーガニックなものを中心に好きなものや便利なものを紹介してます。性格はマイペース、好きな食べものは米粉パン。

こごめをフォローする
参考になったらシェアしてね
こごめをフォローする
Cogome fond
タイトルとURLをコピーしました